海外留学ができる人材の育成が急務

日本の学生は、他のアジア圏の学生に比べてあまり海外留学をしていないというデータがあります。
日本の学生は内向き志向が強く、積極的に海外へ出ていっていないのが現状です。

快適な暮らしを実現するためのAll Aboutの情報を要約した情報サイトです。

確かに、日本にいると楽に生活ができますし、英語ができない以上、海外へ行こうという気にすらならないのも当然です。しかし、それでは他のアジア圏の国と教育の差が生まれてしまいます。

韓国や中国の学生たちは、積極的にアメリカ等の先進国に留学をして、大学において高度な教育を受けています。


教育の差は国力の差として顕現します。

このままでは、日本の国力の衰退にも繋がってしまうと一部で危機感が共有されています。

日本人の学生に積極的に海外留学をさせるためには、何はともあれ英語教育を早期から始める必要があります。


小学校から英語をしっかり学ばせて、英語でのコミュニケーションを得意にさせておくことこそが重要です。

そのためには、現代の受験英語をやめて、生きた英語を学ばせる教育にシフトしていかなくてはなりません。外国人講師を多数揃えることも重要でしょう。

日本人の英語教師に学ぶよりも、ネイティブスピーカーを講師に迎えた方が英語に苦手意識を持たなくてよくなります。また、同時に留学に対する金銭面でのハードルを低くする工夫も必要になります。



国や自治体が奨学金の制度を整備して、お金がなくてもチャレンジ精神さえあれば海外へ行けるようにするのが肝心です。

他国と提携をして留学生を交換するのもいいでしょう。