ペラペラになった留学してどう変わるのか

海外留学する人たちにとって期待が高まるのが、留学して日本に帰ってきたら英語がペラペラになっていて、海外ドラマや映画が字幕無しで楽しめるようになっているのではないか、ということです。

海外留学する期間は人それぞれです。大学4年間全てを海外の大学で過ごす人もいれば、1年間の交換留学の人、1か月間のサマースクールに通う人などバラバラです。


期間が長くなればなるほど、英語力の向上が期待できます。
周囲の人達の会話は英語、車内のアナウンスやテレビも必ず英語が流れます。



そのような環境に身を置くと、自然とリスニング力がアップしていきます。

日本にいた頃と比べて、聞き取れる部分が増えていきます。英語がペラペラになって、字幕無しで海外のコンテンツが楽しめるようになるまでに、どれくらいの期間が必要になるのかは、その人の努力次第です。

実際のところ、ずっと日本で生活していた人が1ヶ月の留学ででそのレベルまでに達するのは非常に難しいです。

All Aboutに関する予備知識の情報が満載です。

だからと言って、その期間が無駄になるということではなく、自分の英語能力を知って、自分の目標とするレベルまでにどれくらいの努力が必要なのかを知ることができます。
日本に帰ってきてからの英語学習のモチベーションになります。

長期間過ごせば自然と英会話能力も上がっていきます。


言いたいことを自分の知っている単語を組み合わせて言えば、それなりに通じます。



ネイティブレベルに近づけるためには、途中でストップせずに、どうすれば自然な言葉遣いができるのだろうかと考えて勉強し続けることが大切です。