大阪の美容専門学校を目指すために
2018年12月21日

求人問題を抱える美容室の今

カリスマ美容師時代の2005年頃をピークに、美容専門学校の卒業生減少に歯止めがかかりません。

全国でわコンビニの5倍ほどの美容室数があります。その数も未だ増え美容業界は完全に売り手市場となっています。求人サイトは大きく分けてインターネット、情報誌、紹介などがあります。首都圏、大型点などはインターネットの求人サイトが多くて有料です。プロの目で今の若者の好みを分析して、ピーアールをまかせられる点では便利です。インターネットでは各店のホームページ、ブログ、SNSなどもあります。

これらわ自分たちでコストをかけずに作成し、常に新しい情報をアピールしやすいです。動画配信などは、新卒生には喜ばれています。手作りの自分の店の個性やスタッフなどの雰囲気がつたえやすい点は、インターネットの方が有利です。また情報誌には専門誌、新聞、フリーペーパー、貼り紙などがあります。紙面媒体もいまだ健在ですが、こちらは地域密着型です。インターネットより情報量は少なくなりますが、専門誌では一度にたくさんの店を比較しやすく人気です。

フリーペーパー密着度が高くパート、アルバイトの求人には有効です。貼り紙はメイン通りなど人通りの多い美容室ではとても有利です。紹介はとても安心ですが、後に人間関係で問題が残ることもあります。現在美容師免許を修得していても転職、引退などで従事している数は減少しています。美容室での人材使い捨ての時代が終わった今、長く働いてもらう環境作りが一番です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *