大阪の美容専門学校を目指すために
2018年9月12日

まつげエクステの正しいお手入れ方法

まつげエクステを長持ちさせるためには、正しい手入れをする必要があります。

きちんと手入れをしていると長持ちさせることだけでなく、美しい状態をキープすること出来ます。グレーといわれる接着剤が乾くまでは施術後4時間から6時間程度です。さらに完全に乾燥し、まつげエクステが固定されるのに丸1日掛かります。

接着剤が完全に乾くまでの間はなるべく洗顔を控えて、まつげを触ったりメイクしたりしないようにします。目をこすってしまったり、引っ張ったりしないようにすることも大切です。寝るときも仰向けになって寝るようにして、まつげに負担を掛けないように注意します。

施術した当日は目元に気を使って、固定するまで待つことがポイントです。メイクをするときは、マスカラを使っても大丈夫です。ただマスカラの成分やクレンジング剤、落とすときの摩擦によって外れやすくなりますが、マスカラはお湯で落ちるタイプのものを使えば負担を軽減することが出来ます。

ビューラーはまつげに圧力を掛けてしまうこともあるので、使うのは控えるようにします。どうしても使いたいときにはホットビューラーなどを使って、圧力を掛けない方法で上げるようにします。クレンジングや洗顔をするときも、まつげエクステを丁寧に扱うことが大切です。

優しく洗うことでまつげエクステはとても長持ちするので、弱い力で洗うように注意します。目元のクレンジングはオイルタイプのものは止めて、オイルフリーのものや乳液タイプのものを使います。

ゴシゴシ洗ってしまうと折れ曲がってしまうことがあるので、綿棒を使って丁寧に落とすようにします。コットンやタオルを使って顔を拭くときは繊維が付きやすくなっているので、気を付けます。濡れたままにしていると取れやすくなってしまうので、タオルドライをするかドライヤーで素早く乾かすようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *