大阪の美容専門学校を目指すために
2018年7月12日

絶食系ダイエットの是非と痩身エステ

「絶食すると体の調子が良くなる」というのは東洋医学に基づいた考え方です。

食べ物を食べないでいると、消化に必要な血液が胃に集中しなくなるので、体全体の血液が巡りやすくなります。すると気持ちも清々しくなり、気が巡りやすくなります。東洋医学では、絶食は気血を整えるのに最適な方法だと考えられているので、病気の時にはあえて食べずに自然治癒力を高めるように指導することもあります。体調が悪い時に無理して食べるのは人間だけです。野生の生き物もペットも、他の動物は体調が悪い時には何も食べずにひたすら体を休めています。

食べることはエネルギーを使うことです。つまり、消化吸収に必要なエネルギーを持って行かれないために、絶食するということです。これを応用した、絶食系のダイエット方法もあります。スムージーや生姜紅茶などの水分は補給しつつ、期間を決めて絶食するという方法です。これにより、体内の血液とリンパ液の流れが良くなり、排出力が高まるということです。絶食系ダイエットは、理屈から考えても理にかなっています。無理しないで医師の指導に基づいて行うならば、安全に行えます。

ただし、健康な時に食べないでいるというのは辛いものです。人間関係も疎遠になってしまいますし、何よりお腹が減ります。絶食系ダイエット以外には、痩身エステで痩せる方法があります。痩身エステではエステティシャンが個人ごとにカウンセリングをしてくれるので、体質にあったダイエット方法がわかります。食べないでダイエットも良いですが、エステを利用してじっくり綺麗になるのも良いでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *