魅力的なアメリカ留学

日本人が留学したいと思う国では常にトップ争いをしているアメリカは大学や大学院だけでも世界約220カ国から約82万人の学生を受け入れています。
さらに、語学学校も入れると計り知れない数で、最先端の学問が学べるのはもちろん、世界のさまざまな国の学生と知り合い、その文化を知ることができるのもアメリカ留学のメリットです。

特に海外からアメリカ留学にきた学生が多いのは、カリフォルニア州で全米でもっとも大学の数が多いことが影響しています。

また、大学数とは関係ないエリアが上位にきており、トップレベルのビジネス系大学院が多かったり、大企業が多くインターンシップ先が多い州は人気です。


そして、多くの人を引き受け魅力のあるアメリカ留学ですが、懸念材料があるとしたら治安問題で、治安のいいエリアと悪いエリアがはっきりとわかれています。



アーバインやギルバート、プラーノなどは治安のいいエリアの代表格です。さらに、一年未満の中期滞在の希望者が多いというのも特徴で、休学や認定留学の相談は年々増えています。


アメリカの大学や英語コースは学期ごとに学生を受け入れているので適していますし、社会人を含め夏休みを利用した一週間から3ヶ月未満の短期間の渡航先としても人気となっています。

NAVERまとめをさらに詳しく調べてみませんか。

消費税がゼロの州なども中にはあるので、このありがたいシステムを頭の片隅においておけば滞在中のコストダウンも可能になりますし、多国籍の州をチョイスすれば日本人も暮らしやすい環境です。